ノミ駆除で困った現状を打破しましょう|憎き存在

男女

鳩の習性を知って被害防ぐ

男性

鳩に安心感を与えない工夫

都市部でも普通に見られる鳥としては、カラスやムクドリ・鳩などが挙げられます。中でも鳩は近年の増加が著しく、各地で糞尿や騒音による被害が多発しています。ゴミを荒らしたりするカラスも街の嫌われ者ですが、マンションの住人にとっては鳩の方が被害も深刻なものです。そうした背景から、鳩害という言葉まで使われるようになりました。鳩がマンションを好むのは、高層階にあるベランダや屋上の環境が木に似ているからだと言われています。エアコン室外機や換気扇フードの中などは、外敵から身を守るのに最適な環境を提供してくれます。子育ての場所としても安全なことから、鳩に目をつけられてしまうのです。鳩害を防ぐためには、鳩がベランダなどに定着しないよう工夫する必要があります。鳩に安心感を与えると、この場所は安全なのだという認識を植え付けられてしまうのです。一度そういう安心感を抱いた場所に対して、鳩は非常な執着心を見せます。追い払っても追い払っても同じ場所にまた戻ってくるのです。鳩の滞在時間が長くなるほどに糞尿の量が増え、マンションの衛生環境は悪化します。鳩に安心感を与えないためには、早い段階で追い払うことが重要なのです。

鳩よけグッズのいろいろ

鳩がマンションに住み着くまでには、4つの段階を経過すると言われています。第1段階は羽休めの場としての利用です。この時点では被害が発生しても短時間で済むため、たいていの人は積極的に追い払うことをしません。すると鳩はその場所を安全だと見なして、長時間の待機場所に選びます。この頃から糞尿や騒音などの鳩害が目立ち始めるのです。この第2段階までに対策を打っておかないと、第3段階のねぐらにされてしまいます。巣作りの場となる第4段階では追い払うのも簡単ではありません。自分でできる対策には限界があるため、鳩撃退法が効果を上げないまま第2段階から第3段階以降へと進展してしまうのです。鳩害対策グッズにはいろいろな製品があります。ベランダに剣山型の鳩よけマットを設置したり、テグス糸を張って止まれなくしたりするのも有効です。ベランダ周辺に忌避剤を塗布する方法もよく使われます。場合によっては磁石やソーラーパネルが効力を発揮することもあります。最も徹底した鳩害対策は、鳩の侵入口を完全に塞ぐためのネットを設置することです。高所での作業は危険ですので、害鳥駆除のプロに頼るのが安全かつ効果的な鳩害対策だと言えます。